3月23日古志岐三礁釣行

 

先日只今絶好調の古志岐三礁に行って来ました。

この日は夜便で予定より少し早い9時40分に出航です。

今日は相棒との久しぶりの釣行で渡船は何時ものニューレインボーです。

今日の釣り客は18人で出船、ベタ凪の海を走ること1時間半古志岐に到着しましたが、他船が主要な釣り場はすべて上がってました(;_;)

今日は一番目の瀬上がりだったのでがっかりです。
それでもなんとかヘタの瀬の一等席の北向きが空いてたのでそこに上がりました。

降りる時に田崎君が「ここは下げは釣りにならんけん上げ潮だけね朝から10時位までは上げ潮が残るけん頑張って」と言って去りました。

夜釣りは釣れてないとの事ですが、まだ時間は11時半。

今は下げ潮が勢いよく流れてる時間帯ですが一応夜釣りの準備をします。

その時カランカランと音がして 相棒「あらー水くみバケツば落としたー」

海を見ると本流に流されあっという間に無くなりました。

釣る前からがっかりしてます。


夜釣り開始しますが、あっという間にウキが流され言われた通り釣りになりません。

しかもすぐ右の一等席に他船の釣り人がいるので、流す事もできないので夜釣りは諦め2時過ぎに寝ました。

4時過ぎ目が覚めると上げ潮が勢いよく流れてます。

一応夜釣りを再開しますが食う気配無いのですぐ止め、昼釣りの準備をします。

夜明けと共に釣り開始して1投目付け餌が残って来ました。

2投目本流に仕掛けを入れ30メートル位流れた所で当たりが来ました。

合わせを入れると強烈な締め込みで思わず両手で竿を持ち、魚の走りを止めて寄せにかかりますが、フッと軽くなり道糸から切れてました。

多分ラインに傷が入ってたんだと思います。

かなりの手応えだったので残念です、これでリズムが崩れました。

その後も針はずれや瀬ずれでバラシたりと散策でした。

相棒はキロオーバーのクロを何枚か釣りましたが自分はイサキばかりです。

やがて8時過ぎに上げ潮が止まり下げに変わります。

相棒に船長から電話があります「まだ上げ潮は動いてるかね?」

相棒「もう下げ潮が動き出しましたよ」

船長「まだ上げ潮が動いてるはずけどねおかしかね下げは釣りにならんけん瀬替わりにくるけん待っといて」

と連絡がありました。

後で聞いたらこの辺りだけ早く下げに変わってたらしく他の磯は予想通り10時位まで上げ潮が残ってたらしいです。

せっかくのチャンスをものにできず無念の瀬替わりです>_<

次に渡ったのは本瀬の馬の瀬です。

まだ先端は波が被ってますが潮が下がればラクダ方向に流れる本流ば攻めてね、とアドバイスを受け釣り出します。





f:id:isohae:20190322184626j:image

馬の瀬から見るヘタの瀬





f:id:isohae:20190322184646j:image

馬の瀬から見る沖の瀬、灯台




潮がある程度下がり自分が先端の方、相棒が地方寄りに釣り座を構えます。

相棒はたまにキロオーバーとポツポツとクロを釣って行きます。

自分はと言うと下げ潮がラクダ方向ではなく、ワンドの中に流れて来て釣りずらいですがワンドの中でクロが連れますが型が小さいです。

深く入れるとイサキの連発。

たまに見える所までイサキが浮いてきます、なんとか38センチの尾長が釣れただけでキロオーバー無しと撃沈しました。

今日の敗因は朝マヅメのチャンスをものに出来なかった事、クロが喰わず深棚に入れすぎイサキばかりになってしまった事だと思います。

辛抱強く竿一本までの棚を釣ればもっとクロの釣果が伸びたんじゃないかと思います。

今日は全体的に良い瀬に上がれず苦戦した方が多かったようです、この絶好調の古志岐にてこの釣果


f:id:isohae:20190322184717j:image





なんとも言えない自分の未熟さにがっかりです。

良い所に上げてくれた船長に申し訳ないです。

でも内容は楽しかったですよ、色々勉強になりました。

釣りって釣果も大事ですがやはり上手くなりたいから釣りに行くわけでそういう意味では収穫が多かった釣行となりました。

釣れてもまた行きたくなるし、釣れなくてもまたリベンジしに行きたくなる。

釣りは奥深く楽しいですね(^_^)

 

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう