7月27日上五島相ノ瀬(ヤー瀬)釣行

 

昨日はニューレインボーで上五島へ夜釣りへ行って来ました。

この日は釣り人少なく17人を乗せ、時間より少し早く1時40分頃出船しました。

多少波がある中1時間半位で野崎島へ到着、二カ所に下ろし次にケムタ瀬で一組、下ろし次にヤー瀬に向かいます。

まずハナレに下ろし、次に本島に船が着けますが誰も降りないようです。

そしてポーターの田崎君が自分のとこに来て「isohae君ここに降りてよかけどどうする?」
と聞いて来たので「よかよ降りようか」と、返事し降りました。

本当はイサキも釣りたかったので違う磯が良かったんですが、夏に美味しい尾長が釣れる磯なので良しとします。

今日は完全に夜釣りだけの予定なので、
日が暮れるまで釣り場の確認などします。



f:id:isohae:20190323064115j:image

船着き場




f:id:isohae:20190323064132j:image

南側




f:id:isohae:20190323064148j:image

ハナレとの水道




f:id:isohae:20190323064210j:image

灯台裏の水道の出口付近





南側は時折小さいうねりが這い上がって来てるので今回は水道側をメインに釣る事に決めました。

西寄りの風が結構吹いてるので、涼しく快適に夜釣りが出来そうです。(^^)


暗くなりかけてから開始しました。

今日の仕掛けは竿3号 道糸5号 ハリス6号 尾長針12号 ウキ3号です。

ウキ下一ヒロから始めます。

まず船着き場から水道側に仕掛けを入れます。

上げ潮が水道にジワジワと動き出してます。

数投目に足裏サイズの尾長が釣れました。
そしてすっかり暗くなって30チョイの尾長、なかなかサイズが上がりません。

潮が徐々に早くなり始めて水道の中の沈み瀬近くを流してると、
強烈な当たりが!

凄いパワーで抵抗します。

強烈の締め込みに耐えてると竿が空を斬りました。

バラしです。

瀬ずれかと思い回収すると針はずれでした(^-^;) 

それからポツポツ釣れますが型が小さいですよくて37.8センチ。

なかなかキロ越えが出ません。

流れが速くなり水道の中は釣り辛いので灯台裏の水道出口に移動します。

ここでもポツポツ釣れますが、やがて激流になり釣れなくなりました。

潮が緩む頃釣る事にし、また移動。

南側のコンクリート階段から釣ります。

そして数投目にキロ越えの尾長が釣れました。

何枚か追加して少し休憩します。

そして潮が緩くなりだしたので、水道出口付近で釣り再開。

大分釣りやすくなってきましたが、まだまだ流れが速く仕掛けが流れ過ぎないよう止めたり流したりとしてると一投目から尾長が釣れます。

それから連チャンしますが30以下のサイズも多くリリースの繰り返し、
キロ前後も数枚釣れ時合い終了。

船着き場に戻り水道の中を釣ります。

ここでもポツポツ釣れ、2時過ぎから下げ潮が動き出すとまたもや連チャンモード。

しかし型が小さ過ぎで 手のひらサイズまで釣れる始末。

それから4時半位まで釣りますが、型が上がらないので夜明け前に止めて片付けました。

それから少し寝てたら6時半過ぎ肌寒くて目が覚めました。



丁度レインボーも迎えに来ました


f:id:isohae:20190323064228j:image






今回の釣果
尾長30~43センチ12尾 地グロ30~43センチ6尾 30以下リリース20尾以上


f:id:isohae:20190323064240j:image

  

       
今回、数は良く釣れましたが型の良いクロは釣りきれませんでした。

まるで日中釣りのように小さなクロが入れ食いしたりと初めての体験でした。

ヤー瀬はハナレと共にとても夜はクロの数が多く楽しめる釣り場ですね。

昼間みたらこんな所で釣れるかな?と思うポイントですけどね。
(^^)

 

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう