初挑戦!伊王島沖ノ平瀬

今回は急遽参戦して来ました~(^^)

ブロ友のやなさんが沖ノ平瀬に行くのは知ってたので前々から1度は行きたいと思っていて前日の昼に行きたいと言ったら
快くOKしてもらいました♪

そして沖平に行きたいキッカケとなったブロ友のアラグレさんも来るとの事で一緒に釣行出来る楽しみで眠れぬまま念願の沖ノ平瀬へ(^o^)



ちなみに正式名は外ノ平瀬みたいです。




本島




ハナレ




今回のメンバー右からアラグレ師ひろさん、自分、やなさん、やなさんの友達さんです!



本当良い人ばかりでとても楽しい釣行となりました~



ひろさんのブログは自分がブログを始める前から呼んでいて、オシャレな詩人のような文章に、決して品のない言葉や言い訳がない文面が大好きで自分がブログを書く上でも大変参考にさせて貰ってます!


初めて沖平に上がった感想は

低い!思ったより狭い!そして浅い!です(笑)


上礁して直ぐにひろさんさんはルアーを投げてます






話しを聞いて驚いたのですが、ひろさんは元々ルアーマンでそれからフカセ釣りにハマったそうです、ルアーでの釣果をみてたので納得もしました。



自分の釣り座♪ハナレとの水道側





上のひろさんがルアー投げてる所と同じです


先はハナレ



波1メートルのベタ凪ですが潮が上がるにつれ時折のウネリで波は被るし道具もビショ濡れです


濡れるのが大嫌いな私ですが段々慣れて来て冷たさが気持ち良くなっていきました(笑)





足元





本島向き





潮が通すと言われるハナレとの水道側を譲って貰い釣り開始です

マキエを入れるとものすごい数のアジゴがピチャピチャと音を立てて沸き上がります(^^;


しかし小指位のサイズでツケエサの種類で何とか交わせそうです

自分のイメージは沖磯で尾長が釣れる1級磯との事で潮通しが良いと思ってましたが全く動かない…

ハナレの沖の方からダラ~と当てて来る潮、しかも浅いので全層で釣る自分にとっては一番苦手なパターンです(-_-;)

そんな状況でも沖平にとり憑かれたように通ってる(笑) ひろさんは一人で次々に竿を曲げてます




この状況で流石です!





潮が少しでも横か沖に動けば勝機がありますがこの状況この地形で全層で釣るのは至難の技です

少しの合わせが命取りになるであろうこのような釣り場はウキ止めを付けて釣るのが最適でしょうし、ここでの釣り方だと思います。

自分もこのような状況は常に頭に一応あるのでベストには何時も水平ウキ以外も実は入れてるるんですよ





拾ったディアーGと古~いエキスパートグレ!(笑)




このエキスパートグレはお気に入りで昔は良く活躍しました♪



でも使いませんでした…

不利な状況だからこそ何時もの釣り方でどうにかしたくなりますからねぇ

でもどうする事も出来ず時間が過ぎて行きます、ボーズも覚悟します


しかし沖平がこんなに釣るのが難しい釣り場だとは思いもしませんでした、みんなよくこんな潮も動かない所で良く釣るもんだと感心します(^.^)


休憩しながらひろさんにアドバイスなどを貰いしばらく談笑しながら再び釣り座に立ちます


ハリスを一ヒロ位と短くして何時もはサルカンを使いますが、直結にしてみます


上げ潮が止まり下げに代わる位の時にようやく潮が今までとは逆にハナレ方向に少しだけ動きます!




これなら釣れるかも?っと思ってたらやっと待ち望んだ当たりが来て釣れたのは

30オーバーの地グロ!




サイズはともかくボーズを覚悟してただけにホッとしました(^^)


それから今迄が嘘のように当たりが連発します!

外道ですが(笑)

バリに40後半のチヌ太郎!

写真撮る前にオートリリースでさよ~なら~



でもそれも直ぐに終わり再び沈黙に陥ります…


下げ潮に変わり船着き向きに釣り座を構えます



沖にはブロ友のしゅうさんが良く行かれてる高島、そして有名な飛島の磯釣り公園が見えます。



それに少しだけ軍艦島も見えます、更にその先には野母崎の三ツ瀬も見えます


干潮時の本島向き




裏向きで

30オーバー追加




結局パッとせず再び沖向きの空いてる灯台前に移動



この灯台小さいんですよ~小学生位の大きさしかありません






先は伊王島




伊王島北端灯台向き




移動してみると潮がいい感じに左に動いてます

かけあがりと沖の深みの境目辺りにマキエを入れると水面下までクロが浮いて来てるのが見えます!

しかしなかなか食わせきれません


ようやくドーンと来た!と思ったら一瞬でチモト切れ…





そして再びドーンと来た!今度は充分な手応え!


しかし針外れ…

その後流れ藻だらけになり時合いも終了

他の3人にはバラシ劇などを演じられてますが自分は勝負をする事なく初の沖ノ平瀬の挑戦は終わりました(T_T)






自分らしさと言えば片付けを終わってから未練がましく釣った

このミズイカですかね~



このイカ気が利いていてやなさんが近づいて来ると、やなさんめがけてブシャーって墨吐いてました!

上手く交わしてましたけど、かかればネタ的には面白かったんですけどね~(笑)


回収に来た船に乗り込みます




高島、中ノ島、野母崎を見ながら~

伊王島大橋の下を通り港へ到着




楽しかった初の沖ノ平瀬釣行が終わりました


他にはない独特の釣り場でここに魅了されてる人が沢山居るのも納得です

濃い魚影、うろうろしてる巨大魚、取り込みが難しい地形、動かない潮、ここで釣るのは骨が折れそうですね

潮が動けばもっと面白いんでしょうけど
潮切れの悪さも魚影を守ってるのかも知れませんね



気が向いたらまた挑戦したいと思います。

クロはボーズのやなさんに

ミズイカはアラグレさんに


今回は手ぶらで帰りました~、釣果写真はありません!









© 2013 暇さえあれば釣りに行こう