2017 マルキューM-1カップ予選宮之浦~実釣

今年も運が良くM-1カップの抽選に受かり出場する事が出来ました😄

身近な人が次々落選し今年は一人で宮之浦迄か~って思ってたら、ブロ友のかず☆ゆき君も出るので田平から乗り合わせて行きましょうと言ってくれたので一緒に宮之浦へ♪

到着すると直ぐうしろにアラグレさんも来ておられ、出てこられた時に挨拶します(^^)


そして運命の抽選へ、88番を期待されましたが







なんと‼

😲




アラグレさんが引きました!(笑)


なんと引きが強くネタを作ってくれる人でしょうか😆

流石です!😁😁


ヘリオスで鮎釣り行くか~って笑わせてもらいました👍



私は109番 イチ、マルキューです(笑)


ラッキー番号で渡船は海鯱、そして出港します。

これまでメーカー主催の大会は6回出て5回、阿値賀島ばかりなので今回こそは違う島にと願います


船はまず頭が島の黒バエから下ろします、しかし他はウネリの影響で上がる所がなくUターンし港近くの黒ダキから順に下ろしますが数組下ろした所で阿値賀へ(笑)


下阿値賀で数組下ろし次は自分の番です


今回もやっぱりホームの阿値賀か~と思いましたが船は再び戻り、頭が島の東側のマルマン瀬の奥のワンドの入り口辺りで下ります

 






しかしウネリも強く荷物の置き場にも困るような所で内心ここは駄目だな終わったなと思いましたが仕方ありません…


対戦相手は佐世保の◯口さん

釣り行かん?でブログもされてて、仲良くさせてもらってるブロ友のRyo-君と同じグラブの方で実力者との対戦です!

物凄く明るく元気な方で楽しく釣る事が出来てありがとうございました♪







じゃんけんで勝った◯口さんが海に向かって右側の船着きへ、私が左側の釣りが出来そうな適当な所へ…



釣り座



干潮時、◯口さんが居られる所が前半の釣り座




ウネリが酷く、頭の平瀬は波が乗り越えてます…




5時半競技開始!


事前情報では手のひら級のクロが多くそこからいかに型を出せるかがカギになりそうとの事です


満潮が過ぎ丁度下げ潮に代わる時間帯で左から当て気味で潮が流れていて、右側の先端から真っ直ぐ潮が抜けており、◯口さんは朝マヅメも重なり開始早々から連チャンしてます…



私の釣り座は足元から10メートル程激浅で岩がゴロコロ入っていて、もし魚を掛けても取れるかな?みたいな所です…



くわえてウネリが這い上がって来てライン操作が難しく、終始当て潮に苦戦しなかなかクロは釣れません



◯口さんの釣りを見てると遠投で釣れてる棚は浅そうです

時折良型をタモ入れされていて、私は全く釣れませんが

ここの磯は今日のコンディションならチャンスがあるんじゃないかと期待感が出ます


開始一時間頃にやっとキープサイズあるなしの尾長が釣れます、このサイズでも瀬に触れハリスがザラザラになります、とてもじゃないですが良型を取れる自信はありません

案の定続けて当たりがあり30オーバーを寄せてきますが瀬に触れバラシます…


ここからは当て潮で境界線迄が近く仕掛けの角度が取れないので波を見ながら更に左に移動します


今日の仕掛けも何時もの全層で、状況にあった仕掛けならウキ止めを付けた半遊動でしょうが、全層1本で10年程やって来たプライドがあるのでこれは変えれません


今年グレマスの北浦でプライドを捨てウキ止め付けて破れたのもあり、更にこの釣り方一つで技術を磨こうと決心も固くなりました…


移動してからも当たりなく時間が過ぎ、前半の残り30分位でずっと左からの当て潮が、右から左に変わった瞬間に30メートル沖位で2連発、


30程の尾長とキロ近い地グロを、ハリスがボロボロなりながら紙一重で釣る事が出来ましたが

この潮も5分も続かず元の当て潮へ…

残り10分残し、後半に備えマキエを追加し移動します


◯口さんは良型混じりで二桁は釣っておられ

「それだけ釣ってたら今日は勝ち上がるかも知れませんね!」と励まします♪


大差をつけられてはいますが焦りはありませんでした

自分も後半の船着きで釣れば必ず5尾揃えれると思ってましたから

しかし現実は甘くありませんでした…






正面沖追帆崎




頭が島、小松崎向き





右向きワンド






釣れると思っていた船着きに立ちますが潮はワンド方向にジワ~と動くのみで
魚の活性は前半と違いかなり落ちてます

戻ってくるツケエサは明らかに冷たく
反応が無いまま時間が過ぎます…


ここまで竿1本程の棚までで粘ってましたがもう少し深く探ります

するとようやく30近い型が釣れますが尾長ばかりで重量が稼げません…

◯口さんも後半は沈黙されてましたが45センチ位のイサキを釣っておられ、ちょいと羨ましいです。


残り一時間を切り、今迄探って無かった更に深場を探るため000にガンクッション6号 ガン玉7号二段打ちで少し重すぎるかな?位の仕掛けで竿2本迄意識して入れ込んで行きます



するとようやく終了前までに30オーバーの地グロを2尾追加する事が出来て試合終了です


明らかに◯口さんには負けてますが、なんとか自分の思い通りに地グロを追加してタフコンディションの中では良い結果を残せたと思い、試合には負けましたがやりきった感はあり満足でしたね



そして回収に回ります






自分達の釣り場






頭が島の平瀬と阿値賀島





追帆崎




水が浦








尾上島



港に戻るとブロ友のマナピ~さんを発見し挨拶させて貰います♪

なんと同船でした

とても優しそうな方で話しやすい良い方でしたよ😉


検量の結果は3000グラム丁度!

◯口さんは3500程釣っておられ完敗でしたが、状況的には良く巻き返せたと思ってます♪


そして結果発表!

なんと!負けたのに船内2位となりセミファイナルのキップを手にする事が出来ました😲


運とは普段あまり口に出しませんが、これだけは本当運が良かったです(笑)

終了前の地グロ2尾のお陰でなんとか2位に位込めた事が素直に嬉しかったです


駄目だと思った瀬から二人勝ち上がったので結果的に良いところに上がれて良かったです


焦らず数ではなく、5尾の重量重視で試合展開出来たのも良かったと思います


ようやくダイワ以外の大会も勝ち上がる事が出来て自信にもなりました

私は何時も恵まれてると思います、しかし、それなりの練習量と何時も付き合ってくれる釣友のお陰で結果を残せたと思います

ただの釣り好きおじさんが各地を勝ち上がってきた強豪達と勝負出来るとは本当幸せですし、今度はセミで勝ちたいとも思います♪




9位の商品も最高でした😁

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう