12月7日 宮之浦プチトーナメント釣行

先日はブロ友のかず☆ゆき君からWFGの練習釣行に行きたいので一緒に行きませんか?と誘いをうけたので宮之浦へと行って来ました!

他にも誰か誘いましょうとの事で、声をかけたらブロ友のヘッピリファイター君とRyo君も参加しますとの事で、どうせなら四人でプチトーナメントをすることになり楽しみです😁

ルールは朝7時開始の試合時間は2時間、1時間で釣り座交替の九時まで、それから瀬変わりして2試合目が10時から12時までの予定です♪


今回お世話になったのは宮之浦を代表する渡船 丸銀です!






一試合目の対戦相手を決めるくじ引きをすると!



Ryo-君VSヘッピリファイター君の高校時代の先輩後輩の因縁腹黒対決!😝




自分とかず☆ゆき君の何となく戦ったらいけない長男、次男対決!(笑)



負けられない戦いが始まります😁



マリンアローに乗り込み行先は!






何と!











プライベート釣行でも阿値賀…😭😭😭




マジでなんでや!と思いましたがホームみたいな感じだし仕方ありません…


まず奥の院横にRyo-君ヘッピリ君が

そして自分達が魚のネヤ5番…


去年のグレマスで上がって撃沈した磯です…


これで数釣りは無いなと思いましたが⁉



ジャンケンで釣り座を決め自分が船着きの5番、かず☆ゆき君が海を見て右側の6番になり7時から開始します!




まず朝マヅメと言うこともありハリス1.5号で足元から狙いますが数投は反応がありません

かず☆ゆき君は早速キープサイズのクロを釣り上げてるようです(^_^;

見てると足元狙いで釣れてるみたいなので自分もそのまま狙います

潮はゆっくり左へ流れていていかにも大物も来そうな雰囲気ですが…

ファーストヒットはキープサイズぎりぎりの地グロ😅

でもとりあえず一安心です(^^)

しかし明るくなってよく見ると大量のスズメ鯛が居て足元狙いは難しい状況になりました😅

竿3本先位にキレイな潮目が出来ていますが阿値賀では沖目であまり釣れた事が無いので無視してましたが遠近分離が必要な為に遠投に切り替えます


足元に大量の撒き餌を入れ沖の潮目に先打ち2杯、後打ち2杯で撒き餌を被せて行くと3ヒロ位の棚でクロの当たりをとらえます!

それから棚も浅くなり30前後の連チャンモードに♪

餌取りが沖に出たしたので沖の撒き餌を減らし、仕掛けと撒き餌の同時打ちで活性の高いクロを拾って行きました😄


かず☆ゆき君も次々竿を曲げており、予想と違い乱打戦になります!

自分の好きなパターンですね😁

そして釣り座交替と共に潮止まりが近付き良い雰囲気の潮目も消えて少し食いが落ちていきます…



良型をとらえたのか時間をかけてやり取りしてます😲

自分の釣り座は当たり潮に変わって来ましたが幸い適度なサラシが出ていて、その先端の潜る潮をアチコチ探りながら追加して試合終了しました


検量すると4500グラム対3200グラムで自分の勝ちでした~😆

今の時期の阿値賀は数釣りが出来るんですかね~? 予想外でした!

前半に貯金出来たのが良かったですね!
潮にも恵まれてたし000のウキが状況にマッチしていたのが勝因です♪

そして瀬変わりです


ホームの阿値賀を去ります(笑)


次の対戦相手はヘッピリ君との対決で先輩の面目を保ったRyo-君です😁

ちなみに初めて一緒に竿を出すので楽しみですが、この人も2枚目な顔ですが多分腹黒で自分を倒してやろうと内心思ってるハズだから絶対に負けられませんし、ヘッピリ君の仇を取らなくてはなりません(笑)

決勝の釣り場は中ノ島のブルース、時化たときの予備的釣り場ですが大会ではよく使われるとの事です

全景



左向き 頭ヶ島方面





正面 宮之浦港方面






右向きトヤク島、高島方面





釣り座を決め自分が海を見て右側となりました


速い上げ潮が右から左へ流れてます




自分の釣り座はAです。

釣り場が狭く潮上の自分は境界線までが近くほとんど流せません(^_^;

普段の釣りなら隣まで所まで流し込んで釣るでしょうが、一応大会形式なのでそれは出来ません

更に加えるならこの状況は全層釣りで釣る人にとっては最も難しい局面で 先にブログをアップしてるヘッピリファイター君も同じような状況で苦労したと容易に想像出来ます。

何故全層じゃ駄目な場面か?

全層釣りでは潮上に仕掛けを入れて流しても仕掛けを張る事が出来ません、海に向かって正面位からようやく仕掛けを張る動作を始める事が出来、今回のような左流れの場合正面より左にウキが流れて行った所でようやくラインをを止め、つけ餌を潮下に先行させる事が出来るのです。

勿論半遊動でも同じですがウキ止めが付いてる事でライン操作、ガン玉の調整、他で全層よりも勝負はしやすいと思います

皆さんよく解ってるとは思いますが…

自分のをこのような状況でのウキの選び方ですが、ライン操作を頻繁に大きく行うのでなるべくウキが手前に寄って来ないようにLサイズのウキに沈み過ぎない浮力の物を選びます

ウキが沈み過ぎるとラインが潮に噛んでライン操作がしにくいです


今回の場合は二重丸の境界線ギリギリの所のかけ上がりにポイントを絞りました

本命はもう少し沖が良さそうでしたが遠くなればなるほど角度が取れず仕掛けを張れないし、このような勝負の時は本命を捨て数を何とか引き出す2番目のポイントを作りそこを攻めるのも大事です

普段の釣りでは迷わず沖を頑張って攻めますが(笑)


仕掛けをA方面の潮上に入れて二重丸の所で馴染むように頻繁にライン操作をします、ライン操作を頻繁に行うのでどうしてもウキはどんどん手前に寄って来ます、なのでマキエはウキの手前のBに、そしてCに餌取り用とこぼれ餌が二重丸に流れ行くイメージで釣ります

そしてイメージ通り流せて境界線ギリギリで仕掛けを止めて待つとクロの当たりを次々捕らえる事が出来ました!

Ryo-君も遠投でクロを引き出してます♪




リリースサイズが多いながらも30オーバーの尾長とキープサイズの地グロが釣れて2尾で釣り座交替します

丁度この頃から潮が緩くなり釣りやすくなって来た所での交替だったので、後半はヤバイかも、と少し焦ります(^_^;


しかし運が良いのか強烈な横風の爆風に変わり、潮も当たり潮になって右手のワンドに入って行く潮に変わりました

運が良いと言うのはお互い釣れる状況じゃ無くなって後半釣りやすいハズのRyo-君が釣れなくてラッキーだったと言う事です😁

勿論自分も釣れません😜

立つのもキツく、竿も2番位から風で振り回され仕掛けをまともに流す事も出来ず、ただ風に耐え

こんな時にも釣りをせんばとやろうか?

と自問自答を繰り返してたら試合が終了しました(笑)


お互い3尾で検量の結果120グラム差で勝つことが出来ました~😄


後は納竿の時間まで爆風の中お互い楽しく釣り最後に良い潮が走り出したタイミングで連チャンモードに入り貴重な30オーバーを釣る事が出来て納竿としました♪





港に戻りヘッピリ君をイジるとマジ凹んでます😁

でも今回唯一の40オーバーを釣ってるので喜んでも良さそうですけどね~





初めてかず☆ゆき君とRyo-君と竿を出せたのでとても楽しかったです!

プライベート釣行ながらも負けられない緊張感があり面白かったですね~

またこのような機会を作りお互い上手くなっていければ良いなと思いました♪

あ~勝てて良かった!😆

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう