7月26、27日上五島野崎島ノコギリで大撃沈(^^;)

 

土日で五島列島へ行って来ました(^-^) 渡船は毎度のニューレインボーです。



f:id:isohae:20190328182421j:image



この日はお客さんは少なく10名での出航となりました(^^) 
(少ない方がゆったりと行けて良いですね)今回の同行者は仕事先のiさんです。

今まで他船でたまに五島に行ってたそうですが、釣果に恵まれた事が無くレインボーで行ってみたいとの事で急遽予定を立てての釣行となりました(^-^) 
予定時間を少し過ぎて出航し目的地の上五島へ到着、結構強い南西の風が吹いてます(^^;) 

まず最初に野崎島に到着1人上がられます、そして船がケムタ瀬に向かってる途中カリスマポーターが「isohae君野崎島のノコギリに行ってみらん?うちは最近上げてないけど良く釣れてるって聞いてるけん」と言われますが、パッと見ワンドの中にあり潮通しがよくなさそうで自分好みの釣り場ではありません(^。^;)

 それに今日はiさんに釣って貰いたいんで安定した釣果が望める相ノ瀬のハナレらへんが良いなと思って返事に困ってたら「ほらほら通り過ぎるばい、上がらんでよかとね?釣れると思うばい!」

と自信あり気に言われるので、ここはポーターを信頼して上がると返事し上礁しました(^.^) 

風裏になり釣りやすそうなので無理に風が当たる所よりも良かったかな、と思いましたがこれが裏目になりました。



f:id:isohae:20190328182039j:image

船着きより先端向きケムタ瀬方面




f:id:isohae:20190328182125j:image

裏向き化粧殿鼻、その先に六島




f:id:isohae:20190328182228j:image

船着き向き



着いて夜釣りに向けて海中を観察すると水深が少し深い気がしますが沈み瀬などもあり、良型のクロも泳いでおり夜釣り期待が持てました(^_^) 

昼間は釣りをせずに日が暮れるのを待ち7時を過ぎた位から釣り出しました。
まだ餌取りが多く付け餌は直ぐに取られます(^-^;) 

やがて完全に日が落ちて付け餌が残るようになりました。

さぁ夜釣り本番!
と気合いが入りますが、全く餌取りも居なくなり何も釣れない時間が過ぎて行きます(*_*) 

2時間程過ぎた頃、少し離れて釣ってたiさんの方からバチバチバチーっとラインが弾ける音が聞こえてきてウキが自分の前を勢いよく通り過ぎて行きました!

 瞬時に大型の真鯛だ!
と思いタモを持って救ってやろうと駆け寄りましたが、結局ベールを起こす事も出来ず走られバラしたと苦笑いされてました(^。^;)

 それからまた沈黙の時間が過ぎます、瀬際から沖目、棚も浅棚から竿2本位の底まで探り釣り場も歩き周り探りますが、潮も動かないせいか全く生体反応もありません。(~。~;)?

何とか釣らせたいですが、自分も釣れない為にアドバイスも出来ず時間だけが過ぎて結局朝を迎える事となりました(>_<)

 自分が釣れなかったのは別に気になりませんが、せっかくレインボーに誘って来てもらったのに何も釣れなかったiさんに非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

こういう時もあるよと逆に気を使って貰いましたが少し寂しそうな表情がつらかったです(^。^;)
 またレインボーでリベンジに行きたいと言ってくださったのがせめてもの救いでした(^_^)

 しかし今回の夜釣りは非常に難しかったです、引き出しがもっと多ければ結果は違ったと思いますが現在の自分の実力じゃ精一杯の釣果だったと思います。 今週末はまた五島へ行くので釣果はともかく納得いく釣りが出来たらと思います(^-^)




f:id:isohae:20190328182401j:image

イサキ38~42センチ 真鯛44センチ

 

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう