今シーズン初上五島ヒラス釣行~完敗でも(^^)

 

昨日はヒラスを狙い五島へ行って来ました~(^o^) 
今回は相棒のK君との釣行で、相棒はヒラス初挑戦です(^^) 


渡船は何時のニューレインボーで、ヒラスといえばレインボーがお得意で、すでに待合室の黒板には平日関係無くぎっしり予約が入ってました。 

そもそも自分はヒラスなど興味もなかったのですが、レインボーで五島に行くようになりポーターがしつこく、「ヒラスは楽しいけん一度はした方が良いよ」と、しつこく勧誘され去年初めて行って釣れたのがきっかけで、はまりました

 自分も今回で二回目の超素人です。

予定より少し早く出航し二時間弱で、上五島の小値賀沖の美良島へ到着、瀬付けがはじまりました。


f:id:isohae:20190328184034j:image



そして自分達の順番が来て、ヘリコプター横の地磯へ上がりました。
最近仕事がハードだった自分は、少しエギングしてニハイのお土産を確保して寝ました。


相棒はイサキが入れ食いしたみたいで、夜釣りを楽しんだみたいです。


 夜が明けてまず自分は最近ハマってるルアーから開始しますが全くなにも気配がないのでボイルでのカゴ釣りへ変更しました。(^^;) 

しかしこのあとも二人ともヒラスの当たりは無くたまにイサキが釣れるだけで二時間位が過ぎ、瀬変わりしました。


これが正解でした(^^)


 シケシラズの先端に上がり準備をしてると、すぐ横の人が「ヒラスが朝から湧いてるよ!すでに5回バラした」との事です。

隣の釣り場の前にはメーター級のヒラスが背びれを出してバシャバシャしてます。

初めて見るその様に2人であっけにとられました(^◇^;) 

ここは養殖場か?と思う位でしたよ。




f:id:isohae:20190328184136j:image

先端部分





f:id:isohae:20190328184206j:image

先端左手、遠景倉島と帆揚瀬




f:id:isohae:20190328184300j:image

船着き正面平島 



慌てて準備して釣り始めますが、すぐ隣では湧いてるヒラスも、自分達の釣り座の前には全く居ません。

倉島向きにヒラスが居るのですが、ちょっとしたハナレがありそれがジャマで仕掛けを入れれません、潮が引いてそこに渡れば良さそうなんですけど、仕方ないので先端方向で釣りますが全く当たりません(^^;) 
そして餌取り?のイサキが湧いていてウキ下50センチ程でも毎投釣れます。

そのまま時間が過ぎ、潮が引きハナレに乗れるようになったので、そこで釣ってると、隣の人が「ヒラスの湧き出したよ!」と声が掛かり見てると隣の人の前にはまた大型のヒラスがバシャバシャしだしてそれが自分の前にも来ました!


 ダイレクトにその中に仕掛けを入れるとすぐにババババーっとラインが出て合わせると

ドーンと乗って来ました~!(^o^) 


久しぶりのヒラスの引きに興奮しながら寄せて浮いて来たのは3キロ無し位のサイズでしたが最後に針はずれでガッカリ

(゚◇゚)ガーン 

でも次があると信じて手返ししてるとまた一時間位してから、
強烈な当たりが来ました! 

合わせると同時にドラグがジーっと今まで体験したことない勢いで引き出されますが、止まったのでドラグが緩いと思い更に締め上げやり取り開始します。


しかしなんという引きの強さでしょうか! 


こんな強い引きは味わった事ないので不安になりながらも必死に寄せます。運良く手前に走って来てくれ、途中ドラグを引き出されながらもやっと浮いて来て、チラッと姿が見えましたが、自分にとってはデカいサイズで6、7キロはあるヒラスで一瞬気が緩んだのか、最後の締め込みで、隣の張り出し根に走られハリスを飛ばされました(>。<)

 しばし、ぼーぜんとなり手が震えてました(^^;)

 相棒も、ヒラスってあんなに引くの?

ってびっくりしてました。それから当たりが遠のき、昼が過ぎ湧いてたヒラスも居なくなり釣れる気配もなく相棒も、もう今日は釣れんとかなぁ、と諦めモードになってるので、

去年は昼過ぎに釣れたけんまだまだチャンスはあると思うよ 
と励ましながら釣ってたら、

相棒に待望の初当たりが来ました~!(^O^) 

初めてのヒラスの引きに、凄か~!

っと興奮しながら必死に寄せて浮いて来ました、自分が無事にタモ入れして釣れたのは3.7キロの立派なヒラスでした(≧∇≦*) 

思わず2人で、ヨッシャー!と叫んでしまいました。(^O^)

 そして次を狙いますが時間が過ぎ納竿30分前に最後のドラマが起こりました。

まずはじめに自分に強烈な当たりが来ました! 

二回目の当たりより硬めにしてたドラグが訳もなく引き出されます!

どうする事もない私は、只巻く事もできず耐えるだけ(*_*)目一杯ドラグを締めましたが止まる事は無く瀬ずれでバラし、あまりの凄さに笑ってしまいました。


 ここで自分は納竿、片付けをしてたら、何やら気配がして相棒を見てみると、ガッツリ竿が曲がってます(^O^) 

急いで駆け寄りタモを構え浮いて来たヒラスを掬おうとすると、失敗(^-^;) 

その瞬間また最後の締め込みで潜りましたが、ここは相棒が耐え
今度は無事タモ入れ完了!

最後の一投でドラマを起こしてくれました!(^○^) 



f:id:isohae:20190328184456j:image

  初挑戦で仕留めた
相棒と88センチ5160グラムのヒラス 



 流石です! この人何かとドラマを起こしてくれる最高の相棒です。(^^) 

これにて無事納竿、自分は完敗でしたが、相棒は最高の結果となり、ヒラスファンがまた一人誕生しました。 
今回自分はヒラスを釣る知識とキャリアが全くない事を露呈し散々でした、しかしかなり得る事が多く非常に貴重な釣行となりました。ヒラス釣りは餌代も高く年に数回しか行けない釣りであり、道具なども高いのはもったいない気がしてましたが、あまりチャンスが無いからこそ、万全の準備をして不安が少ないタックルが必要とも思いました。

こんな釣りは手を出さなかった方が良かったのかも知れません(^^;)でも引き下がれないのでまたリベンジに望みたいと思います。

今度こそは勝負させてもらいたいですね(^-^) 

 

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう