生月島地磯

 

今更ながら生月島の地磯を紹介してみようと思います。

何故かと言うとブログのアクセス履歴で生月島の検索が非常に多いので生月について知りたい方が結構居られると思い、自分の知ってる範囲内で紹介したいと思います。

自分が紹介しなくても既に航空写真や釣りのガイドマップなどで沢山の情報が出てるのでメジャーな釣り場ですがあくまで行った事がある釣り場についての感想や実績を述べます。







まず生月の最北端、上から
大バエ、1 2 3 4 5 のハエになります。









生月島で最もメジャーな釣り場は大バエです。 上物釣りも多いですがルアーマンも非常に多いです

青物、ヒラスズキは実績高いですね


釣り場迄の道中も危険もなく安全に磯まで行けます、但しだらだら下る坂道は帰りはかなりキツいです。

また潮が大きい時は途中が水没し帰れなくなるので注意して下さい



f:id:isohae:20190402215756j:image


魚影は濃いですが生月島の中ではそんなに良く釣れる所ではないと思います、クロ釣りは2回釣行して今年釣った43センチの尾長が最高です。


f:id:isohae:20190402215818j:image



勿論自分が釣ってないだけで大型の実績は充分です。


次は自分が近年良く通う2のハエです


f:id:isohae:20190402215841j:image


2のハエ、奥に見えるのは3のハエ



ここの魅力は何故か空いてる事が多く場所が取りやすいからです(笑)

生月の地磯は前夜入りしないと朝から行ってもまず良いポイントは取れない所が多いです。

多分釣り場までの道のりが生月島の中で最も危険度が高いからだと思います。


f:id:isohae:20190402215910j:image
f:id:isohae:20190402215932j:image


 


この崖のまん中辺りを歩いたりハシゴ降りたりとしなければなりません。

しかしアップダウンが少なく体力面では楽な釣り場です、しかし慣れてない人や初めての人は暗いうちに行くのはオススメ出来ません。

上物のクロや青物、底物となんでも釣れる磯で魚影の濃さでは生月地磯の中ではトップクラスだと思います

クロは日中釣りで30~40までの数釣りが出来て冬場は50センチまで狙えると思います、自分の実績は日中で46センチです。

上げ潮が本命で左沖に引かれて行く潮が動く時に当たりが頻発します、潮は大潮よりも中潮小潮が良いと思います。

下げ潮も左流れですが瀬涯に沿って流れる事が多く釣りづらいですが問題なく釣れます。

自分の一番好きな釣り座は2のハエのまん中辺りです、3のハエ側の突端はカゴ釣りやルアーマンが多く青物狙いならそちらが本命でしょう。

なお瀬涯よりドン深で夜グロは自分は釣れた事はありません、日中が最も楽しい釣り場だと思います。


f:id:isohae:20190402220038j:image



去年初めてルアーで釣ったのもここでした。

自分がクロ釣りで好きな月は6、11、1、2月です
青物は10月~3月迄が好機でしょう


1のハエではあまり竿だししたこと無いので分かりません、ただイサキは2のハエよりも良く釣れると思います、灯台向きに流れる潮でフカセ、カゴ釣り共によく当たります。

勿論ここもクロの実績は充分です、自分もキロ超えを釣った事あります。




そして4、5のハエです


f:id:isohae:20190402220205j:image


4のハエ



f:id:isohae:20190402220227j:image


5のハエ






f:id:isohae:20190402220257j:image
f:id:isohae:20190402220319j:image



生月島の地磯で一番人気で一番釣れる磯だと思いますが一番キツいです。

危険度は低いですが安全ではありません

自分はフカセ釣りで行った事はありません(^^;最も竿だししてみたい磯ですがマキエを担いで行く勇気はありません、なので自分の実績は無いので紹介出来ませんが生月では上物底物青物一番なんでも釣れると思います。




たいした事は書けませんが何かの参考になればと思います。



次回は南西部の長瀬鼻、水タレを紹介します。↓↓↓



その2

http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/smart/article_list/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL2lzb2hhZS8zNTU1ODYzMC5odG1s

 

© 2013 暇さえあれば釣りに行こう